腹から声を出す方法を勘違いしている人多すぎ!腹から声を出す方法を徹底解説

今回の記事はお腹から声を出せない人が最短でお腹から声を出せるようになるための方法を解説した記事になっています。お腹から声を出すせるようになることは歌が上手くなる上で必須です。

そのため、本気で「お腹から声を出せるようになりたい」「歌が上手くなりたい」と思っている方は本記事を読んだらすぐに行動するようにしましょう!ちなみに、お腹から声を出すために最短の方法がボイトレ教室に通いプロから学ぶことです。

ボイトレ教室の中で一番有名なシアーミュージックなら無料体験をやっているので、少しでもボイトレ教室に興味がある方は気軽に参加してみましょう!

\ 初心者に一番おすすめ!/

シアーミュージックが気になる人はチェック!
シアーミュージック
公式:https://www.sheer.jp/
  • シアーミュージックのYouTubeに出演している講師も出演していない講師も採用率5%を突破したハイレベル講師!
  • 他のボイトレ教室よりもサポートが充実。マンツーマンで教えてくれるので短期間で音痴改善が期待できる
  • 講師・校舎・レッスン日すべて自由に選べる!自分に合った講師を選べるのでレッスンも楽しく上達も!

無料でプロのレッスンが受けられる!/

※無理に勧誘されることはありません。

【意味不明?】お腹から声を出すとはどういう意味?

部活の監督が「お前ら腹から声をだせ!」というようなフレーズを聞いたことはないでしょうか。しかし、ボイトレでの「お腹から声を出す」という意味とは若干異なります。

部活の監督の方の本当の意味は「大きな声をだせ!」と言う意味です。それに対してボイトレは「お腹を意識して声を出しましょう」という意味になります。つまり、部活の監督は比喩として使っているということです。

そのため、部活の監督が使う「腹から声をだせ」という意味とは違いことは理解しておきましょう!

お腹から声を出すときによくある間違い

お腹から声を出すことを間違って解釈している人は多くいます。本記事の筆者もボイトレを始めるまで今回で紹介する間違った解釈をしていました。それが下記の2つになります。

よくある間違い
  • 腹筋に力を入れてガチガチに固めてしまう
  • 大声を出せば良いというわけではない

それではよくある間違いについて詳しく解説します。

腹筋に力を入れてガチガチに固めてしまう

腹から声を出すことと腹筋に力をいれることはまったく違います。腹筋をガチガチにしてしまうと逆に声が出にくくなるので注意しましょう。

歌手の歌っている姿を見ると大きな声を出すときや高い声を出すときに腹筋に力を入れてそうに見えます。しかし、腹筋を固めているわけではありません。横隔膜を使って腹から声を出しているのです。

発声するための腹から声を出すというのは横隔膜を膨らませた状態をキープするという意味になります。横隔膜の膨らませ方は後半の「腹から声を出す方法」で解説しています。

支配人

腹筋に力を入れるのは逆効果なので絶対にやめましょう!

大声を出せば良いというわけではない

「腹から声を出す=大きな声を出す」このようなイメージを持っているからは多いでしょう。しかし、これは大きな間違いです。腹から出した声とただ大きな声は『声』の質がまったく違います。

大きな声は、ただ大きく息を吸って声を出しているだけなのただの大きな声になります。居酒屋などの騒がしい場所で大きな声で店員さんに気づいてもらえないので、ただ喉から大きな声を出しているからです。

一方、腹から声を出すと声が響きやすく、声が聞き取りやすくなったり、歌での安定感が増したりします。ただ大声を出せばいいと思って歌っているといくら音程が合っていても、「なんか上手く聞こえないよね」と思われるので、一刻も早くこれらの違いに気づきましょう。

支配人

腹から声を出すことで店員さんにも一回で気づいてもらえるようになりますよ!

お腹から声を出すことで期待できる効果

お腹から声を出せるようになることで多くの効果が期待できます。また、お腹から声を出すことは歌が上手くなるための土台となるので、必要不可欠なのは間違いありません。

お腹から声を出すことで期待できる効果
  • 大声を出そうとしなくても声が響きやすくなる
  • 喉を痛めにくくなる
  • 音程や声がブレにくくなり安定する

それぞれ詳しく解説します。

大声を出そうとしなくても声が響くようになる

腹から声を出せるようになると、大きな声を出そうとしなくても声が響くようになります。そのため、無駄な力を入れる必要がなくなり、「歌い続けるのがきつい」という悩みは激減します。

歌を上手くなりたい人は声が響くようになるのは必須です。声が響くことで迫力が出たり、表現力が増したりするので、「腹から声を出す」ということは早めにマスターしておきましょう。

支配人

Superflyさんのような迫力のある歌声になりたいなら確実にマスターしましょう!

喉を痛めにくくなる

カラオケで歌いすぎて喉を痛める人は多いのではないでしょう。その原因は、ほとんどが声を喉から出しており叫ぶように歌っているからです。お腹から声を出せるようになれば、叫ぶように出す必要がないため、カラオケで長時間歌っても喉を痛めることはほぼありません。

歌手はライブで2時間以上歌いっぱなしですが、喉を痛めることはほとんどありません。それはお腹から声を出しているのも喉を痛めない1つの要因です。

音程や声がブレにくくなり安定する

お腹から声を出せるようになると声に安定感が生まれ、音程・声がブレにくくなります。歌声が優しすぎるという課題を持っている人はお腹から声を出す練習をするのが非常におすすめです。「本当に自分の声?」とびっくりすると思います。

音程をずらさないためには、お腹から安定した声を出すことが重要です。カラオケバトルオーディションなどで音程がずれないのはお腹から声を出してブレないように歌っているからです。一度マスターすれば意識せずともブレない歌声を手に入れられます。

支配人

音程はカラオケで点数を取るために最も重要な要素の一つです!そのため、点数アップにも確実に繋がります!

お腹から声を出す方法

お腹から声を出すためには下記の2点をマスターする必要があります。

お腹から声を出す方法
  • 腹式呼吸をできるようにする
  • お腹を膨らました状態でキープする

腹式呼吸をできるようにする

腹式呼吸
引用:https://msw-lesson.net/vocal/lesson03.html

まずは腹式呼吸もマスターしましょう。腹式呼吸とは胸に空気を入れるのではなく、お腹に空気を入れるイメージで呼吸をすることです。正確に言うと横隔膜に空気が入ることでお腹が膨らみます。

正しい腹式呼吸方法で大きく吸うことができれば、お腹の前だけが膨らむだけでなく、横・背中も膨らむことを感じれるようになります。正しくできているか判断するためにも、自分でお腹を触って確認してみましょう。

お腹を膨らました状態でキープする

腹式呼吸がマスターできたら、お腹を膨らませた状態でキープできるようにしましょう。しかし、キープしようとして腹筋に力を入れるのはNGです。キープとはお腹を外に張るというイメージになります。

キープすることで横隔膜に入った空気が抜けない状態になります。この空気が抜けない状態がお腹から声を出すという状態です。最初は歌いにくかったり、上手くお腹をキープできなくなったりするでしょう。しかし、慣れてくれば自然と横隔膜に空気を入れた状態で歌うことができます。

そして、安定した響く声を出すことができるようになるはずです。歌いながらお腹をキープするためには息継ぎ(ブレス)も欠かせないので、必ず息継ぎも忘れないようにしましょう!

自宅でできる腹から声を出すためにおすすめの練習方法

STEP
立った状態で正しい姿勢をする

肩の力を抜いて、真っ直ぐ立つようにしましょう!

STEP
横隔膜に空気を入れて、そのままキープする

前章で説明した腹式呼吸のやり方です。

STEP
キープしたまま発声練習をする

発声は「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!」と5回を数10セット繰り返します。

1セットごとに息を吸うようにしてください。

これを家で練習することでお腹から声を出せるようになります。

お腹から声を出したい人におすすめのボイトレ教室

お腹から声を出したい人はボイトレ教室に通うのもおすすめです。独学で練習するよりも圧倒的に早くお腹から声を出すことをマスターできるはずです。また、直接レッスンを受けることで正しい発声方法を学べるため「この方法で合っているのかな?」と不安になることもありません。

本記事の筆者も独学で練習していたときは本当にやり方が合っているか不安になりながら練習していました。やはり案の定、やり方を間違っており、ボイトレ教室に通ってから正しくお腹から声を出す方法を学びました。そのため、独学よりもボイトレ教室で手っ取り早くマスターするのがおすすめです。

しかも、お腹から声を出すという基本中の基本意外にも、ビブラートのかけ方や表現力の付け方など、実践的なレッスンをしてくれます。そのため、お腹から声を出せるようになって歌が上手くなりたいという方にはボイトレ教室は非常におすすめです。

シアーミュージック

シアーミュージック
名前シアーミュージック
店舗数98校舎
レッスン形態マンツーマン
入会金¥2,200(無料キャンペーン中
コース・料金・月2回 / ¥10,000(税込¥11,000)※1レッスン当たり税込5,500円
・月3回 / ¥13,500(税込¥14,850)※1レッスン当たり税込4,950円
・月4回 / ¥16,000(税込¥17,600)※1レッスン当たり税込4,400円
体験◯(無料)
レッスン時間1レッスン45分
特徴・サポート・オーディションやライブなどのイベント
・初心者からプロを目指す人まで幅広い方に支持されている                    
オンラインレッスン
公式HPhttps://www.sheer.jp/

ボイトレ教室の中でも特におすすめなのがシアーミュージックです。シアーミュージックは全国に95店舗あるため、ほぼ全国の方が通えます。シアーミュージックは完全マンツーマンのボイトレ教室なので、初心者だからといって恥ずかしい思いをすることはありません。

ボイトレ教室の講師も多くの初心者を上達させてきた方ばかりなので、音痴だからどうとか初心者だからどうかなどはまったく気にしていません。初心者でボイトレ教室に通うならシアーミュージックのような料金の安くて人気のあるボイトレ教室に通うのが一番おすすめです。

無料体験もやっているので、まずは気軽に体験レッスンに申し込んでみましょう。また、無料体験レッスンで「お腹からの声の出し方」について聞けば教えてくれるはずなので気軽に聞いてみましょう!

\ 初心者に一番おすすめ!/

お腹から声を出す方法まとめ

今回はお腹から声を出す方法やお腹から声を出すときによくある間違いについて解説しました。今回紹介したお腹から声を出す方法をまず実践してみてください。しかし、正直独学で練習するよりも、歌に関するさまざまな技術を学べるボイトレ教室に通うのがおすすめです。

ボイトレ教室に通えばお腹から声を出すなんて朝飯前になるでしょう!まずは無料体験に参加してみてどんな雰囲気でレッスンをするのか味わってみましょう!

\ 初心者に一番おすすめ!/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学卒業後、中小のメーカーに就職。入社後1年半で退社し、WEBマーケティング企業へ入社。数年前音痴を治したいと思い、ボイトレ教室へ。ボイトレ教室で音痴を改善した経験を生かして情報を発信します。

コメント

コメントする