MENU
おすすめ情報メディアBestNaviを見る

【2023年春】4Kテレビのおすすめ6選|買ってはいけないメーカーの特徴などを家電オタクが分かりやすく解説

好きなドラマや映画、録画番組を高画質で楽しむなら4Kテレビがおすすめです。今までみたことのない臨場感たっぷりで美しい映像を、自宅で家族と一緒に観られます。

ただ、4Kテレビは数多くのメーカーから登場していて多種多様です。選び方を間違えると期待した効果を得られないので、注意が必要になります。

今回は、2022年秋最新版の4Kテレビおすすめ6選をまとめました。4Kテレビと一般的なもののどちらを購入しようか迷っている方や、家電オタクからみた4Kテレビの良さ・メリットを知りたい方にはとくにおすすめです。

目次(タップできます)

4Kテレビとは?

4Kテレビの基本情報や特徴をまとめました。4Kテレビを購入するメリットを知りたい方や、一般的なテレビとの違いを把握したい方にはとくにおすすめです。

  • 4Kテレビとは、フルハイビジョンの4倍キレイ(解像度が高い)
  • 4Kテレビはテレビの種類ではない
  • 4K放送を観るにはチューナーが必要

4Kテレビとは、フルハイビジョンの4倍キレイ(解像度が高い)

4Kテレビの最大の特徴は、高画質・高精細な映像を大画面で楽しめる点です。フルハイビジョンは1,920×1,080画素=約207万画素なのに対し、4Kテレビは4倍にあたる3,840×2,160画素=約829万画素を誇ります。

画素数・解像度が高いほど、より高画質・高精細な映像を見られる仕組みです。4Kテレビはフルハイビジョンの4倍の高解像度を誇るため、より綺麗な映像を自宅で楽しみたい方にはとくにおすすめです。

4Kテレビはテレビの種類ではない

4Kテレビはテレビの種類ではなく、パネルの解像度を表したものです。2022年現在、パネルの解像度にはフルハイビジョン(1,920×1,080画素)と4K(3,840×2,160画素)、8K(7,680×4,320画素)の3種類が存在します。

4Kテレビには、液晶モデルと有機EL(有機エレクトロルミネッセンス)の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に最適な4Kテレビを見つけることが重要です。

液晶テレビのメリット・デメリット

メリットデメリット
リーズナブルな価格
サイズ展開が豊富
消費電力が少ない
毎月の電気代を抑えられる
反応速度は遅め
完全な黒を表現できない
視野角が狭い
早い動きだと残像が残る

液晶テレビは、比較的安価で購入できます。消費電力が少ないので電気代を抑えられるだけでなく、省エネに繋がるのも特徴です。視野角が狭かったり残像が残ったりなど、画質面が劣ります。

有機ELテレビのメリット・デメリット

メリットデメリット
高画質(高コントラスト)
反応速度が速い
完全な黒を表現できる
視野角が広い
本体価格が高額
サイズ展開が少ない
消費電力が多い
画面の耐久性が弱い

有機ELはとにかく高画質で、完全な黒を表現できます。反応速度が速いので、スポーツやゲームなどの動きの速い映像にも遅延することはありません。有機ELは生産に高コストがかかるため、本体価格は高額です。消費電力が多いので、節約には向きません。

4K放送を観るにはチューナーが必要

4K対応テレビを購入しただけでは、4K放送は観られません。4K対応テレビで4K放送を視聴するためには、別途チューナーを購入する必要があります。事前に必要なアイテムを調べておけば、大体の支払総額をだすのも容易です。

なるべく購入するものを少なく済ませたい方には、4Kチューナー内蔵テレビがおすすめです。既に4Kチューナーが内蔵されているため、別途購入するお金・手間を省けます。

4Kテレビの選び方

  • メーカーの得意分野で選ぶ
  • 価格だけで選んではいけない
  • 部屋のサイズから選ぶ
  • 内蔵スピーカーの機能で選ぶ

4Kテレビを選ぶときには、4つのポイントに注目します。4Kテレビを、価格や評判の良さだけで選ぶのは危険です。さまざまな情報を収集しつつ、総合的に判断する必要があります。

メーカーの得意分野で選ぶ

  • 東芝
  • SONY(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • SHARP(シャープ)
  • LG
  • Hisense(ハイセンス)

4Kテレビを選ぶなら、メーカーの得意分野に注目します。今回は、4Kテレビを生産する国内外の人気メーカー6選をまとめました。各メーカーの違いを知れば、4Kテレビ選びがよりスムーズに進みます。

東芝

東芝では、高性能映像処理エンジン「レグザエンジン」によって高画質・高精細映像表現が魅力的です。好きなジャンルを登録するだけで自動録画してくれる「みるコレ」や、まるごと録画できる「タイムシフトマシン」など、機能の充実度が高いです。

SONY(ソニー)

SONY(ソニー)では、映像処理エンジン「X1 Ultimate」で明るさや色彩を細かく調整できます。音響面に強いこだわりがあるのも特徴で、画面が音をそのままだす「アコースティックサーフェイス」を導入しています。

Panasonic(パナソニック)

Panasonic(パナソニック)は、本体と映像の両方の美しさが特徴です。自社独自の高画質処理で、圧倒的な映像美を実現しています。サイズ展開が豊富なのも魅力で、1人暮らしから家族層まで幅広い方々の期待に応えられます。

SHARP(シャープ)

SHARP(シャープ)では、自社で独自開発された「高演色リッチカラーテクノロジー」を採用しています。繊細かつ鮮やかな色彩表現が特徴的です。4K・8Kともにラインナップが豊富で、自分に最適な4Kテレビが見つけやすくなっています。

LG

LGの4Kテレビでは、高性能映像エンジンを搭載しています。明暗度がはっきりとした高画質映像をしているのが特徴です。LGの4Kテレビは本体の薄さ・軽さも魅力的で、スタイリッシュな見た目はお部屋の雰囲気を壊しません。

Hisense(ハイセンス)

Hisense(ハイセンス)は、リーズナブルな価格とコスパの良さが魅力です。東芝と共同開発を行った「レグザエンジン」を採用していて、繊細かつ鮮やかな映像が映ります。安価・高性能・高画質の3つを実現するメーカーです。

価格だけで選んではいけない

自分に最適な4Kテレビを選ぶなら、価格だけで選ぶのはおすすめしません。激安な4Kテレビには、安いなりの理由があります。すぐに壊れたり期待した効果を得られなかったりする可能性は高いです。

少しでも価格を抑えたい方や安い時期に購入したい方は、セール月や年末年始などを狙います。通常時よりも安く購入できたりポイントが高くついたりなど、お得に買えるチャンスです。

部屋のサイズから選ぶ

おすすめサイズ部屋の広さ視認距離
42V型以上4.5畳約0.8m
48V型以上6畳約0.9m
55V型以上8畳約1.0m
65V型以上10畳約1.2m
75V型以上16畳約1.4m

自分にぴったりな4Kテレビを探すなら、部屋のサイズに合わせて選ぶと失敗を防げます。自宅でテレビを視聴するのに最適な距離は、「画面の高さ×約1.5倍」で計算する形です(4Kテレビの場合)

10畳のお部屋に設置する4Kテレビを探しの中には、65V型以上の製品がおすすめです。最適な視聴距離は、約1.2mの場所です。画面の高さは各製品で異なるため、公式HPやカタログで確認しておく必要があります。

内蔵スピーカーの機能で選ぶ

4Kテレビを選ぶときには内蔵スピーカーの種類や数、機能性に注目します。内蔵スピーカーの種類や機能にこだわれば、臨場感のある映像+高音質の両方を自宅で体験できます。

音質を実際に確認するなら、店舗に足を運ぶのが1番確実です。店舗で直接音の違いを確認して比較すれば、自分に最適な4Kテレビを確実に購入できます。音にこだわりのある方や、好みの音質がある方にはとくにおすすめの方法です。

買ってはいけない4Kテレビのメーカーの特徴

  • 有名ではない中国メーカーの4Kテレビ
  • 保証期間が1年以内と短い
  • 価格が激安すぎるテレビ

4Kテレビの選び方の失敗を防ぐなら、メーカーに注目します。3つの特徴のうち1つでも該当する場合は、検討し直したり購入を控えたりするのがおすすめです。

有名ではない中国メーカーの4Kテレビ

4Kテレビを購入するときは、自分が知らないまたは有名ではない中国メーカーのものは避けます。知名度が低かったり成長途中だったりする中国メーカーは、品質に問題があるケースが多くあります。アフターサービスの充実度が低いことも多く、4Kテレビを購入するのにはおすすめしません。

高画質かつ高性能な4Kテレビを購入するなら、安心安全・圧倒的な信頼性の高さの両方を有する有名メーカーのものを選ぶのがおすすめです。

保証期間が1年以内と短い

4Kテレビを購入するなら、保証期間ができるだけ長い製品を選ぶことが大切です。保証期間が長ければ長いほど、4Kテレビが故障したときに無料または格安で修理してもらえる期間も長くなります。長期的に安心して使えるのは、大きなメリットです。

保証期間が1年以内と短すぎると、4Kテレビが故障したときに有償になる可能性が高くなります。保証期間はメーカーごとに異なるため、事前に確認しておくのがおすすめです。

価格が激安すぎるテレビ

自分にぴったりな4Kテレビを購入するなら、価格だけに注目するのは危険です。激安すぎる4Kテレビは、機能・性能が劣っていたり画質が悪かったりするものが多くあります。価格を抑えようとした結果、機能・性能面が通常の4Kテレビよりも劣ってしまうパターンです。

本体価格が激安なテレビは、接続ケーブルや録画機器がなかったりアフターサービスが付いていなかったりすることも多くあります。別途購入・追加する必要があるため、支払総額が高額にならないように注意することが重要です。

家電オタク厳選!4Kテレビのおすすめ6選

  • SONY – BRAVIA(ブラビア)4K有機EL XRJ-55A80K|映像と音に妥協できない人向け
  • 東芝 – REGZA(レグザ)4K液晶 55Z570L|ゲームやスポーツにおすすめ
  • Panasonic – VIERA(ビエラ)4K液晶 TH-49LX900|テレビ番組を楽しむ方向け
  • SHARP – AQUOS(アクオス)4K有機EL 4T-C55ES1|立体感のある音響ならこれ
  • LG – 4K有機EL OLED55A2PJA |コストと性能を両立した最強モデル
  • Hisense(ハイセンス)- 4K液晶 43A65H| 価格重視で4Kを味わうなら

家電オタクが厳選したおすすめの4Kテレビ6選を紹介します。今回は、おすすめの4Kテレビを6つのメーカーごとにまとめました。4Kテレビの選び方のコツを上手く掴めない方は、今回紹介するなかから選ぶのがおすすめです。

SONY – BRAVIA(ブラビア)4K有機EL XRJ-55A80K|映像と音に妥協できない人向け

【出典元:https://www.amazon.co.jp/

製品名SONY BRAVIA A80Kシリーズ XRJ-55A80K
価格目安税込352,000円~(メーカー3年保証付き)
チューナー地上×3/BS・110度CS×3/BS4K・110度CS4K×3
画面寸法(インチ)55
録画機能
インターネット機能
スピーカーアクチュエーター×3/サブウーファー×2
販売ページAmazon
楽天市場
Yahooショッピング

「SONY(ソニー) BRAVIA(グラビア) A80Kシリーズ XRJ-55A80K」では、映像と音の一体感が特徴的です。画面自体が振動して、まるで目の前で体感しているかのようなリアルな映像体験を楽しめます。映画やドラマを楽しみたい方や、ゲームで盛り上がりたい方にはとくにおすすめです。

ソニーストアを利用すると、メーカー保証付きで購入できます。3年間の長期保証サービスが付くので、万が一トラブルや不備があっても無料で修理してもらえます。

東芝 – REGZA(レグザ)4K液晶 55Z570L|ゲームやスポーツにおすすめ

【出典元:https://store.regza.com/

製品名東芝 REGZA(レグザ)4K液晶 Z570Lseries 55Z570L
価格目安税込187,000円
チューナー新4K衛生放送×2/地上デジタル×3/BS・110度CSデジタル×3
画面寸法(インチ)55
録画機能
インターネット機能
スピーカーフルレンジ×2/ウーファー×1
販売ページAmazon
楽天市場
Yahooショッピング

「東芝 REGZA(レグザ)4K液晶 Z570Lseries 55Z570L」は、立体感のあるサウンドが特徴的です。「重低音立体音響システム」を採用し、まるで音に包まれているかのようなサウンドを楽しめます。自宅でゲームやスポーツ観戦を楽しみたい方や、映画鑑賞が好きな方にはとくにおすすめです。

「新ざんまいスマートアクセス」では、日頃観ている番組をAIが学習します。自分好みの番組を自動分類してくれるので、好きなドラマに出会える可能性は高いです。

Panasonic – VIERA(ビエラ)4K液晶 TH-49LX900|テレビ番組を楽しむ方向け

【出典元:https://panasonic.jp/

製品名Panasonic VIERA(ビエラ)4K液晶テレビ TH-49LX900
価格目安税込167,200円
チューナー地上デジタル×3/BS・110度CSデジタル×3/BS4K・110度CS4K×2
画面寸法(インチ)49
録画機能
インターネット機能
スピーカーフルレンジ×2
販売ページAmazon
楽天市場
Yahooショッピング

「Panasonic VIERA(ビエラ)4K液晶 TH-49LX900」では、「オートAI画質」が採用されています。その時々によって最適な画質に調節してくれるので、手間いらずです。テレビ番組を思いっきり楽しみたい方や、音響にもこだわりたい方にはとくにおすすめです。

本製品では、Panasonic独自開発の「転倒防止スタンド」が使用されています。離れようとする力が働くほど、接地部分にしっかり密着する仕組みです。地震の揺れに強いため、自分の身を守るのに最適です。

SHARP – AQUOS(アクオス)4K有機EL 4T-C55ES1|立体感のある音響ならこれ

【出典元:https://jp.sharp/

製品名SHARP AQUOS(アクオス)4K有機ELテレビ ES1ライン 4T-C55ES1
価格目安税込363,000円
チューナー地上デジタル×3/BS・110度CSデジタル×3/BS4K・110度CS4K×2
画面寸法(インチ)55
録画機能
インターネット機能
スピーカーツィーター×2/ミッドレンジ×4/サブウーハー×1/ハイトツィーター×2/ハイトミッドレンジ×2
販売ページAmazon
楽天市場
Yahooショッピング

「SHARP AQUOS(アクオス)4K有機EL 4T-C55ES1」には、合計11個のスピーカーが搭載されています。まるで音に包まれているような圧倒的な迫力と立体感を味わえるのが特徴です。音響に強いこだわりのある方や、自宅でライブ映像や映画を楽しみたい方にはとくにおすすめです。

画像処理エンジン「Medalist S3」では、Aiが映像を自動復元・調節を行います。より繊細かつクリアな状態を表現してくれるので、映像美も魅力的です。

LG – 4K有機EL OLED55A2PJA |コストと性能を両立した最強モデル

【出典元:https://www.lg.com/jp

製品名LG 【アマゾン限定】55V型 4K有機ELテレビ OLED55A2PJA
価格目安税込129,800円
チューナー地上デジタル×2/BSデジタル・110度CSデジタル×2/BS4K・110度CS4K×1
画面寸法(インチ)55
録画機能
インターネット機能
スピーカーフルレンジ×2
販売ページAmazon
楽天市場
Yahooショッピング

「LG 【アマゾン限定】55V型 4K有機ELテレビ OLED55A2PJA」では、あらゆる映像を繊細かつ高画質な状態で視聴できます。<a7 Gen 5> AIプロセッサーを搭載しているため映画からドラマ、ネット映像までさまざまな映像を高画質で楽しめるのが特徴です。

マジックリモコンを使えば、テレビ画面を簡単に操作できます。椅子に座ったまま、テレビ画面に文字を入力したり映像の再生・早送りしたりすることも容易です。

Hisense(ハイセンス)- 4K液晶 43A65H| 価格重視で4Kを味わうなら

【出典元:https://shopping.yahoo.co.jp/

製品名Hisense(ハイセンス) 4K液晶 液晶テレビ 43A65H
価格目安税込69,800円
チューナー地上デジタル×2/BSデジタル・CSデジタル×2/BS4K・110度CS4K×1
画面寸法(インチ)43
録画機能〇(外付)
インターネット機能
スピーカー
販売ページAmazon
楽天市場
Yahooショッピング

「Hisense(ハイセンス) 4K液晶 液晶テレビ 43A65H」では、ADSパネルを採用しています。4Kテレビをどの角度から見ても、美しい映像を楽しめるのが特徴です。4Kチューナーは内蔵されているため、別途購入する必要はありません。

本体価格は、本記事内では最安値の税込69,800円です。Hisenseなら、100,000円以内で高品質な4Kテレビと出会えます。価格重視の方や、安さと質の高さの両方を実現したい方にはとくにおすすめです。

4Kテレビについてよくある質問

  • 4Kテレビのモデルで43インチ以下はないのでしょうか?
  • なぜ日本製の4Kテレビは高いのでしょうか?
  • 4Kテレビは壊れやすいって聞いたけど本当ですか?
  • 安すぎる4Kテレビには何か理由はありますか?

4Kテレビについてよく寄せられる4つの質問と回答をまとめました。4Kテレビ選びに関する不安や疑問点をあらかじめ解消しておけば、自分にぴったりな製品がより探しやすくなります。

4Kテレビのモデルで43インチ以下はないのでしょうか?

4Kテレビのモデルの最小サイズは、40インチです。ただ、2022年現在ではメーカーの多くは43インチからのサイズ展開を行っています。40インチの4Kテレビは、種類・数ともに限られているのが現状です。

なぜ日本製の4Kテレビは高いのでしょうか?
  • 性能・機能性に優れている
  • 一部部品を海外メーカーから調達
  • 高くても十分売れているので価格を下げない

日本製4Kテレビが高いのには、複数の理由が考えられます。ただ、最近では100,000円前後で購入できる高性能な4Kテレビも登場中です。特にこだわりがなければ、日本製の4Kテレビをお手頃価格で購入することもできます。

4Kテレビは壊れやすいって聞いたけど本当ですか?

4Kテレビは、とても繊細です。特に、有機ELテレビの本体は軽く薄く作られているので壊れやすくなっています。テレビを運搬中に落としたり子どもがおもちゃをぶつけたりすると、割れてしまう可能性が非常に高いので注意が必要です。

安すぎる4Kテレビには何か理由はありますか?

格安4Kテレビの安さの理由はシンプルな機能や性能の低さ、直販限定、広告費削減などが考えられます。4Kテレビを短期間しか使わない方や、シンプルな製品を欲しい方にはおすすめです。アフターサービスが付かないケースもあるので、契約内容を十分確認することが大切です。

4Kテレビのおすすめまとめ

日常生活をより快適・充実させるなら、4Kテレビを取り入れるのが手っ取り早いです。4Kテレビは種類がとにかく豊富で、比較的安価で購入できるものも多く登場しています。

自分に最適な4Kテレビを選ぶときはメーカーや自宅のサイズ、機能性などの複数のポイントに注目することが大切です。価格だけを重視すると、4Kテレビ選びに失敗します。気になる4Kテレビの情報をいくつか収集して、比較・検討することが重要です。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次(タップできます)